プリンターは安価なものを購入するのがおススメ

プリンタはできるだけ安いものを購入しましょう

プリンタは消耗品です。
稼働する機構であるため、どうしても壊れやすい機器なのだろうと思います。

破損例

  •  紙が送られない(もしくは一気に複数枚が送られる)
  •  インク漏れにより紙が汚れる
  •  紙を内部で噛んでしまって履きだせなくなる
  •  Wi-Fiが切れてしまってPCと接続できなくなる
  •  スキャナ機能でPDF作成できなくなる(もしくは異様に遅くなる)
  •   スキャナ機能で作成したPDFがSDカードに保存できなくなる

どうせ破損してしまうのであれば、新しいプリンタは安価なもので十分です。

おススメプリンタ

私は「PIXUS TS3330」をおススメします。

おススメ理由

①インクカートリッジ代を含むから!

プリンタを購入すると、テスト用のインクカートリッジが付属品として同封されます。

価格は変動するので、ざっくり試算すると、差額=プリンタ代 としてみることができると思います。

プリンタインク差額
¥8,000¥4,000¥4,000

¥4,000でひとまずプリンタが手に入ると考えると安くないですか?

②インクカートリッジが安いから!

前述したとおり、インクカートリッジは付属されていますが、ゆくゆくは購入しなければなりません。

カラータンクとブラックタンク別で購入することができます。

普段使いでは白黒印刷だけにしておけば、ブラックだけ購入しておけばいいことになります。

ブラックは BC-345BC-345XL(大容量) から選択することになります。

私は迷わず BC-345XL(大容量)  をおススメします。

おおよそ2倍のインク量が入っているにも関わらず、数100円の値段差しかないからです。

たまにしか使わないようでしたら、1年くらいは余裕で持ちます。

以下の表はCANONの総合カタログになります。

他と比べてランニングコストが高いように見えますが、そんなにカラー印刷しなければ大きな違いはないと感じます。

https://cweb.canon.jp/pdf-catalog/pixus/pdf/pixus.pdf

まとめ

検討するポイントを列挙します。

①プリンタは壊れやすいので高価なものを購入する必要はない

②購入時に1セットのインク(スターターカートリッジと呼ぶ)が付いていることを考えると、本体価格はいくらになるのか考える

③文章は白黒印刷することで、ランニングコストを抑えることはできる

というわけで、最終的にはこれ!

タイトルとURLをコピーしました